パソコン資格…就職に有利になるのは?

どの資格を取得すれば就職に有利?

パソコンを利用する検定資格を取得しようとしている人が最初に疑問に思うのが、
「どの資格を取得すれば最も就職に有利になるのだろう」という事だと思います。

 

しかし、はっきり言えば実際資格を取得して
企業に採用してもらえる確率は低いのです。

 

最近の雇用事情を見ていると、どんなに多くの資格を持っている人よりも
面接で好感触な人を採用する傾向にあり、
昔の様に「資格はたくさん持っているほど良い」という時代ではなくなってきました。

 

ではなぜ就職の際に資格取得を勧められるのか?
その理由は自分のスキルの信憑性を高めるという所にあります。

 

実際に誰よりもパソコンが扱えて応用もばっちり出来ると言っても、
それを面接の時に口頭で伝えても本当だと信じて貰うには無理があります。

 

その時に様々な資格を取っているという実績があれば
その話にも信用が生まれます。

 

また、試験に合格すると言う事で自分自身もそのスキルに自信を持つ事ができるため
就職活動の時にも不安要素を減らせる事になります。

 

履歴書に取得した資格を書き連ねるとそれだけでもインパクトはありますが、
その資格を必要としていない企業からしてみれば無い物と同じです。

 

就職を希望する企業がどんな資格を求めているかは
その職種からある程度は判断できますので必要な物だけを書き、
残りは面接時の自己PRに活用しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ